こん☆たの

こんなことをたのしんでます、というブログ

ジム通いが続くコツは人との繋がりが有るか無いか

ジム通いを続けるコツ。
それは目標を決めること、仲間を見つけること、人と繋がること、です。


目標を決めること

たとえば「3ヶ月で体重を4kg落とす」「ベンチプレス○kgを10R出来るようになる」など
何でもいいです。

しかし、上記の目標だけでは意外と弱かったりします。
体重を4kg落としたら憧れのブランドの服を着る、とか
さらにその先のゴールを設定しておくと達成しやすいですよ。

仲間を見つけること、人と繋がること
ジム通いが続かないのは、自分1人で過ごしているからではないでしょうか?
運動そのものに焦点を当ててるだけではダメです。
ジムで運動する仲間を作ったり、スタッフやトレーナーとも顔見知りになったり
ぜひ周囲の人とも繋がってください。

人間は純粋に自分1人のためだけに頑張るというのは続かないもんですよ。
たとえば運動をやめて困るのは自分1人だけなら、まあいっか止めてもってなるんです。

●でもジムの中で仲がいい人(ジム友)が出来たりすると通うのが楽しみになります。
●お気に入りのインストラクターが出来ると彼・彼女と同じ空間で運動するだけでも元気が出るので足繁く通うもんです。
●スタッフと顔見知りになって顔を覚えてもらったり運動の話をするのも楽しいですよ。
●別料金を払ってパーソナルトレーナーにトレーニングを見てもらうのもいい感じです。
お金をかけてるからヤル気が出るし、何より自分を待ってる人がいるのでジムへ行かなければと思うからです。

ジム内での人との繋がりは緩く適当でいい
とはいえ、ジム内での人付き合いはあまり真面目に考えることはありません。
緩く適当でいいです。
私もこれまで何人かジム友は出来ましたがお互いに名前を知らないジム友もいます。
2~3ヶ月顔を見なくても、久しぶりに会ったら普通に会話もします。そんな感じです。

真面目に考えたり深入りしようとするとジム内での派閥とか面倒なことになるのです(笑)

ジム内での人付き合いは面倒だから関わらないという人もいますが、
深入りしないようにする、相手を選ぶ(性格悪そうな人は避ける)ようにすれば、ジム内での人付き合いはそんなに嫌なものじゃないですよ。

スタッフやトレーナーは仕事中なので、長時間話し込むのはよろしくないですが、多少の立ち話くらいは大丈夫です。そういうお客さんは結構います。
時々、スタッフのほうが話したがりの人もいます^^;

人との繋がりは成り行きまかせでいいです
とはいえ「よーし、ジム友を作るぞ、スタッフと仲良くなるぞ」という意気込みはいりません。それはそれでおかしいです(笑)
通っているうちに自然と顔を覚えてよくしゃべる人が出来たみたいな感じでいいんです。

たとえば、いつも同じコマのエアロに出席していると常連の顔を覚えてきますし相手もあなたを認識しますので
そこでちょっと話しかけてみることをキッカケにジム友になったりしますよ。

フリーウェイトにも常連がいますので、そのうち相手から話しかけてくることがあります。
もちろん、あなたから話しかけるのもアリです。
筋トレの話が出来る仲間が出来るとジムに通うのも楽しくなりますよ。