こん☆たの

こんなことをたのしんでます、というブログ

コールセンターの仕事 クレーム応対って実際どうなの?

ビビりの私でも意外と平気でした。
コルセンはクレームの応対も、自分が悪くない事で謝るのも仕事なので意外と割り切れるもんです。
それに相手がどんなに怒ってても目の前にいるわけじゃないので、そういう意味では対面の接客よりだいぶ楽ですよ。
他に考えられる理由は、仕事だと割り切っているから、脳内が仕事モードだから、私がやらかした事で怒られてるわけじゃないから、電話越しに怒られているだけで対面ではないから…などです。

もし私が人に「コルセンの仕事をやってみたいけどクレームが怖い」と聞かれたら、「意外と大丈夫だからやってみ。」と答えますね。

ちなみに私はコルセンで働いてた当時、スタバに入れないくらい小心者でした。
中高生の頃は一人で隅っこで本読んでるタイプでしたよ。
美大受験に挫折した直後だったので、メンタルもボッコボコでした。

もちろん、クレームは受けていて気分のいいものではないですけど、それほど怖いものでもなかったという印象です。
ちなみに、怒りまくってクレームを言う客よりも、冷静に理路整然にクレームを言う客の応対のほうが私はキツかったです。

とはいえ、クレーム応対は耐えられないという人もやっぱりいます。
自分がクレームが意外と平気なのか、耐えられないタイプなのかは実際にやってみないと解らないです。
ただ「コールセンターはクレームが大変」という前情報に惑わされて必要以上に怖がったり不安になることはありませんよ。ほぼ取越し苦労です。
周囲の同僚を見ても、普通の兄さん姉さん、おじさんおばさん、大人しい感じの主婦の人もいました。
いかにもメンタル強そうな屈強な人はほとんどいませんでしたよ。

私も自分がクレーム応対をこなせるのが意外だったし。
むしろ真の敵はタチの悪い上司(SV)…ゲフン。