こん☆たの

こんなことをたのしんでます、というブログ

変な人に好かれるカラクリ(人によって接し方を変えていい)

私は女性なので女性視点で書いてますが、
もし男性がこの記事を読んでたら
性別の部分を変えて解釈してくださいね。

好きな人やいい感じの人には好かれず、
どう見積もってもゴメンナサイな人には好かれる…。
よくある話です。

こういう原因で考えられるのが
「好きな人の前では緊張して表情が硬くなるけど
どうでもいい人の前では緊張せず本来の自分でいられるから」
という説が王道です。

なので、この記事では違った視点を書きます。

「どう見積もってもゴメンナサイな人」をここでは「●●さん」と呼ぶことにします。
●●さんみたいな人に好かれてしまって告白なんてされちゃったりするのは
あなたが優しい人だからではないでしょうか?
(注:私が優しい人だからいけないんだ、悪いんだ、とは捉えないでくださいね)

例えば職場内で
●●さんは醸し出す雰囲気で周りの人に疎まれてたりします。
●●さん自身も、周囲の人になんとなく壁があるのを気付いてます。
しかし、あなたは誰にでも対等に接する優しい人です。

仕事のやりとりでは他の人が●●さんと適当に対応するのとは違い
アナタは丁寧に対応するんです。
時には●●さんとも雑談を少ししたりします。

いつも周りの人から壁を作られ、ぞんざいに扱われていた彼にとって
あなたは対等にニコヤカに接してくれる
女神のような存在になってしまうのです。
もしくは砂漠をさまよっていたときに遭遇した
オアシスのような存在です。
それに●●さんは女性に免疫もありません。
もう恋愛モードになってしまうというワケです。

しかも●●さんは恋愛慣れしてなくて不器用なタイプなので
顔見知り程度の距離感の相手に告白をしちゃいます。

一方、普通以上の外見の人は、すでに彼女か奥さんがいたり、
フリーだとしても女性に免疫があるので
女性と話してもすぐに舞い上がったりはしません。
いきなり告白、なんてのはしないのです。

これが
「好きな人やいい感じの人には好かれず、
どう見積もってもゴメンナサイな人には好かれる…。」
のカラクリです。


誰にでも対等に接するのはもちろん良いことです。
でも、極端な言い方ですが自分を守る事も考慮に入れて
時には非情になっていいんですよ。

自分が●●さんのような人と仲良くなったり深い関係になっていいならともかく
そこまで望んでないなら、
相手によって態度を使い分ける、線を引く、というのは適度にやっていいんです。

誰にでも対等に接したい、優しい人は
そのような事が苦手かもしれませんけど大丈夫。
●●さんだって長年、そのような性格で生きてきたんだから
アナタの手助けなどなくても、これからも生きていけます。

人間関係の距感の感覚がこちらとかなり違う人もいます。
それは「●●さんのような人が悪い」ということではないですよ」。
彼(彼女)のような人は、距離感を学ぶ機会に恵まれなかったのでしょう。