こん☆たの

こんなことをたのしんでます、というブログ

自分が望んだものが寄ってくる実例

まず「○○を願ったらこんな幸運が寄ってきました!」的な
楽しい事は書いてませんので期待しないでください(笑)

自分の周りの世界は自分が引き寄せている(実現している)
というのはある程度当てはまってます。

例1:Aさん
自分を卑下するクセがあって何かというと
「ごめんね」が口癖です。
「ごめんね、忙しいのに」
「ごめんね、時間を変えてくれて」など。
私の当時の職場での忙しさなどは大したことない、
ランチの時間を変えるのだってよくある事。
べつに忙殺されてる時に何か彼女に邪魔されたとか
何度も時間変更をリクエストされたとかではない。
しかし、彼女は何かというと「ごめんね」「こんな私で」という
言葉や雰囲気が漂っているのです。
優しい良い人だったのですけど、私は彼女の卑下グセに耐えられず
距離を置いてしまいました。
「こんな私とは関わってくれないよね」と思ってたかもしれません。
でもまず彼女が彼女自身を「こんな私」と卑下しているのです。
わざわざ自分で「私はこんな私ですよ」とプレゼンしてるのです。
そんな彼女から人は遠ざかりますので「人と疎遠になるのはこんな私だから」を
実現しています。

例2:Bさん
普段は明るくて気さくな女性なのですけど
酒の席で酔っぱらうと下ネタトークが始まります。
女性週刊誌並みの生々しい話です。
自分の体験談だけでなく、同席してる人にも話させようとします。
拒否してもしつこく話させようとするのです。
下ネタが嫌いな人は彼女から離れます。もう飲み会も同席しません。
下ネタ平気な人は今後も彼女に付き合います。
よって、彼女の周りには下ネタ好きな人が残るので
彼女の脳内は「酒の席では私と同じように下ネタ好き」という思い込みが
強化されるのです。
これからも酒の席で下ネタを話し続けるでしょう。
エエ歳こいた大人に注意や意見する人はめったにいませんので
彼女の周りは下ネタ嫌な人は去り、好きな人だけが残ります。
微妙なスパイラルですね。