こん☆たの

こんなことをたのしんでます、というブログ

自分で自分に呪いをかけてませんか?

私は中学~高校生の頃、だいぶ根暗でした(涙)
教室の隅で本読んじゃってるタイプ。
クラスの地味グループにすら属さずあえて自ら孤立を選んでました。

で、私は絵を描くのが得意でした。
多分、学校内で1~2番くらい。
(ごく普通の公立の学校なので絵のレベルは大したことない)

私は思いました。
「私がダメな子だから、神様は代わりに絵の才能というギフトをくれた」
リア充リア充であるだけで十分恵まれてるんだから、何も才能はない」
「私はダメな子であるからこそ、絵の才能がひきたつ」

この思ったことが正しいかどうかなんてどうでもいいですよ。
しかし恐ろしい考えです実は。

「私がダメな子だから、神様は代わりに絵の才能というギフトをくれた」は、
「神様が絵の才能というギフトをくれたのは私がダメな子だから」と言い換えられます。

「私はダメな子であるからこそ、絵の才能がひきたつ」は、
「絵の才能がひきたつのは私がダメな子だから」と言い換えられます。

つまり、私自身に絵の才能があることや、絵の才能を生かすには
私が「ダメな子」でなければ辻褄が合わないという考えなのですよこれは。
私が「ダメな子」じゃなければ絵の才能は与えられなかったことになるんですから。

リア充リア充であるだけで十分恵まれてるんだから、何も才能はない」んだから
「ダメな子」じゃなくなり「リア充」になってしまったら
絵の才能は消え去ってしまうという発想です。理屈です。

恐ろしいですね。「絵の才能」に依存することと引き換えに
「ダメな子」であり続けるという呪いを自分で自分にかけてました。
しかも無自覚に。
しかもそれに気づいたのは20年近く経った最近にです!!
…絶句。

皆様も同じような事してませんか?

「痩せたら恋人が出来る」→痩せない限り恋人が出来ないという呪い。
「家庭環境が悪いから人生がうまくいかない」→家庭環境が改善しないかぎり人生が上手くいかないという呪い。

リア充でも絵や特殊な才能がある人はいますし
リア充」であるというのも、一種の才能、特技です。
太ってても恋愛や結婚してる人はいます。
家庭環境が悪くても成人後に挽回して人生楽しく生きてる人もいます。