こん☆たの

こんなことをたのしんでます、というブログ

海外旅行は自分のキャパに合った手段、計画で楽しもう。

海外のツアー旅行(添乗員がいるやつ)って、ちょっとBakaにされる傾向ありませんか?

団体でゾロゾロして恥ずかしい とか
ツアー旅行で海外の良さなんかわからない とか
ツアー旅行は本当の旅行じゃない、個人旅行こそ とか。

ツアー旅行が好きじゃなくたっていいんですよ。
ただ、優劣をつけるのはなんだか違うなあと思います。

私は海外のツアー旅行も一人旅もどっちも経験して
それぞれ良し悪しがあると実感しました。
というかツアー旅行って本当によく出来てる良いものだなあって
再認識しました。

メジャーな観光地では国籍人種に関わらず「団体ゾロゾロ」は至る所にいます。
今さら恥ずかしがっても手遅れです(笑)
というか日本の秋葉原、原宿などでも「団体ゾロゾロ」ご一行の外国人を見かけますよ。

「海外の良さ」はどういうところに良さを感じるかが人によって違うので何とも。
エッフェル塔みたいなベタな観光名所を見て喜ぶ人もいれば
こじんまりしたカフェや地元の人が利用するスーパーに行ってみたい人もいますね。
美術館に入り浸りたい人や、とにかく買い物した人もいます。

「本当の旅行」とやらも定義があいまいです。
本当かどうかよりも自分自身が楽しいかどうかを優先すればいいです。
仮に「本当の旅行」なるものを経験しても、肝心の本人が楽しくないなら
その人にとっては「本当の旅行」なんて無価値です。

英語は喋れない、海外行ったことない人が
いきなり海外へ一人旅しても楽しめないですよ、多分。
異国の生の雰囲気に良くも悪くも圧倒されてストレスのほうが大きいです。
常に気を張ってしまうので自分のエネルギーを
楽しむことばかりに使えないんです一人旅は。

「英語ダメだし海外も行ったことないけど一人旅楽しかったよ。」
という経験談もありますが、それはその人の経験です。
その人が楽しめたから自分も同じ結果になるという保証はないし
もし海外一人旅をして不本意な結果になっても、その人も誰も責任は取ってくれません。
国内旅行だったら「あーあ失敗」と思うだけで済みますけど
海外旅行で何かトラぶったらかなり嫌な汗をかきます。

現地人(お店の人とか)もだいたいは普通に対応してくれますが、
中にはあからさまにイジワルな対応をする残念な輩もいます。
(思い出したくないので詳細は割愛)

日本在住の外国語教師なんてすごく優しいですよ。みんな天使か女神か仏様です。
外国語教師や教材の例文CDのような聞きやすい英語も現地ではあまりありません。
訛りがあったり、そもそも先方の声が小さくて何言ってるか解んない時もある(笑)。

海外旅行は自分のキャパに合う手段、計画で行けばいいだけなんです。
自分と違う手段で旅行する人達を下げる心情は解るけど(要は優越感を感じたいんですね)
「旅行とはこういうものであるっ、これじゃないと楽しめない!」というのは違うんじゃないの?と思う。