こん☆たの

こんなことをたのしんでます、というブログ

食べ放題通いが止められた自己対話

週3~4回のビュッフェ通いが止められない時期がありました。
途中で飽きを感じつつも、惰性で行ってしまう自分に少し不気味さを感じていた。
大量に食べてあとで指突っ込んで吐くとかじゃないですよ。
でも、体重を増やさないように必死で運動して、なんかちょっとエネルギーの使い方に違和感でした。

しかし、糖分の取りすぎによる、糖尿病をはじめとする病気や心身に及ぶリスクを認識し、
ようやく無駄なビュッフェ通いにストップがかかってきました。とりあえず一安心。

スイーツは人間の心を豊かにする素晴らしい存在だと私は思ってます。
ときにはビュッフェでBaka食いする事もあってもちろんOKです。
「白砂糖を摂取すると体内にが酸性になってしまうのでうんたらかんたら。」的な発想もあまり好きではありません。
しかし、私は週に3~4回も行ってて、そんな自分への違和感も感じているのに
ビュッフェの店に足を運んでしまうという状況なのでした。まったく。

↓以下は私の心の中にいる人たちの会話

○おいっ、ビュッフェ通いしすぎたろ、またダイエット前の体型にもどったらどうすんだ!

▲そしたらまたダイエットすればいいじゃん。もうちゃんとダイエットのノウハウはわかってんだから大丈夫。

○(ダイエットの成功経験が裏目にでとるな。)
 甘い物をたくさん食べる人って心にさみしさを抱えているらしいよ。なんかあるんじゃないの?

▲そりゃ、まったくさみしさがないと言ったらウソになるけど、無理にさみしさとかにフォーカスしなくてもいいじゃん。
 なんでそんな無理に問題見つけようとすんの? 一人行動だって気楽で楽しいし。

○(たしかに、一人行動は楽しいぜっ。)
とにかくペースを控えましょ。お金だってかかるじゃない。

▲ちゃんとやりくりしてるしー。

○あのさ、糖分取りすぎると糖尿病とかのリスクがあるよ。
そしたら食事制限があってビュッフェはおろか普通の食事だって楽しめなくなるよ。
病院通いする羽目にもなるよ。こないだ胃炎になった時、仕事の休みの申請だの、病院通いの煩わしさだの、
治療費も結構かかったり、胃炎以外にも結構ヤナ事多かったよね?
薬代だってけっこうかかったし。出費多かったよね?糖分取りすぎ(暴飲暴食)で身体壊したら、
こんどはもっと面倒な状況になるかもよ?そうなってもいいの?

▲……。(それは嫌だ。あんなめんどくさい病院通いはもうゴメンだわ…。)

こうした心の中の対話のあと、私の過剰なビュッフェ通いは終息を迎えたのでした。
メデタシメデタシ…あほ。