こん☆たの

こんなことをたのしんでます、というブログ

年を取ると恋愛や結婚がしづらくなる理由(私の見解)

年を取って外見が衰えると魅力がなくなるから、恋愛や結婚は難しくなる…というのはわかりますけど、短絡的です。

自分が実際に年を取って気づいたのは、年を取ると自分自身がだんだんと色恋に興味が無くなってくる、色恋に価値を感じなくなってくるということです。

そもそも自分自身が異性にときめいたりしなくなります。べつにお高く止まってるわけではないですよ。「私にはもう出会いなんて」と卑下しているわけでもありません。
本当に興味が無くなってしまったのです(笑)

自分が色恋に興味が無くなってる上、恋愛や結婚相手として年齢が釣り合う人は20代のころと違って既婚率が高いであろうし、独身であっても自分と同様に加齢により色恋に興味が失せていることも考えられます。
それが、年を取ると恋愛や結婚はしづらくなるだろうなと私が思うからくりです。

かつての自分が、異性に対してあんなに惚れた腫れたと大騒ぎして、相手の態度がいちいち気になったりソワソワしていた頃が嘘みたいに感じます。
恋愛ソングにうつつを抜かしていた自分が今となっては信じられない。
そして「あの頃のときめきをもう一度」なんて気持ちにもならず、むしろ「あんな感情のアップダウンが激しい状況は二度とゴメンだぜ」という心境です。

他人から好かれるかどうか以前に、自分が色恋に興味を失っているのだから、そりゃ恋愛や結婚はしづらくなるよね、という話です。

しかし、私がそういう心境になる日がやってくるとは20代のころは想像もしませんでした。
枯れてしまったような味気ないような気もしますが、穏やかな気分で日々を過ごせるのだってすごくいいなあと本当に思っています。