こん☆たの

こんなことをたのしんでます、というブログ

カウンセリングサービス(神戸メンタルサービス)を利用した経験談 その1

カウンセリングサービスの面談・電話どちらも利用経験ありますので経験談を淡々と書いてゆきます。

いろいろなカウンセラーがいます。
恋愛相談が得意、オールマイティーに何でも聞く、意見をガンガン言う、優しく聴いてくれる、いろいろなタイプのカウンセラーがいます。
「幼少期の経験云々」といった心理学の考えに基づいたやり方をする人や、心理学をほとんど持ち出さない人もいます。
なので、自分自身がどのようなタイプのカウンセラーと合うのか、話したいかを知っておいて、合う人を選んだほうがいいです。合わない人と話すと自分が辛いし逆効果なので、おのずと合う人を選びたくなるでしょう。

自分に合うカウンセラーかは話してみるまでわからない
洋服が自分に似合うか着てみないとわからないように、カウンセラーも実際に話してみないと合う人かわかりません。なのでカウンセリングサービスでは電話カウンセリングは初回は無料で利用出来るシステムです。(電話代はかかります)
とはいえ、初回でいい感じでも何度か話していくうちに「あれあれ?」ということもあります。こればっかりは仕方ない。
やっぱりカウンセラーが自分に合わない人だった、という場合もあるし、自分自身の気持ちが回復・成長してカウンセラーの助けがいらなくなってきたという場合もあります。

自分に合うカウンセラーはプロ、ボランティア関係なくいる
プロカウンセラーなら皆よいというわけでもなくて、プロでも「あらら?」と思う人はいます。単に自分と相性が合わないんだろうなという人もいれば、根本的に(以下略)
一方、ボランティアカウンセラーでも、とても話を聴くのが上手く提案も的確で、なぜこの人がボランティアなんだろうと、いい意味で不思議な人もいます。
というわけで、プロ、ボランティアまんべんなく話してみるとマイカウンセラーに出会える確率は上がりますね。ボランティアで話しやすい人と出会えたらラッキー。