こん☆たの

こんなことをたのしんでます、というブログ

女性に好かれる(かもしれない)方法 続き

前回の続きです。

女性をレディ扱いしたからといって、女性からの印象が必ず良くなったりするとはそりゃ限りません。女性ったっていろんな人がいますし、優しく扱われるのが嫌というへそ曲がりもいます。根本的にあなたに興味がないという人もいるでしょう。
ならば、そんな女共は切り捨てて、あなたの気配りを喜んでくれる人にだけフォーカスすればいいだけの話です。

で、レディ扱いしたけれど女どもは反応が薄い、という場合。
もしかしたら、女性は反応を外に見せないだけで内心は喜んでる可能性もありますよ。
「新しいピアス付けてきたけど彼は気づくかな」と思ってたかつての私みたいに。
女性だって「男性は単に親切にしてくれてるだけなのに私が変に浮かれて勘違い女と思われたらどうしよう」って考えたりします。
照れ屋さんなので喜怒哀楽を表に出す、表現するのが慣れてない女性もいます。喜、楽などのよい表現でさえもね。うる星やつらラムちゃんみたいなわかりやすい人ってなかなかいませんよ^^;

あと「なんで女をレディ扱いなんかしないとならないんだ、そんな価値のある女なんかいない!」と憤りを感じられている人はいますか?
そんな時は無理をする必要はありません。
元気になったら、気が変わったらやってみてください^^

んで、出来そうな相手へ簡単なレベルからやるのがおすすめです。自分に無理のない範囲で。
職場の一番きれいな女性にレディ扱いをするのは勇気がいります。
でも街のコンビニですれ違った、すっごい年上のおばちゃんとかだったら、ドアを開けてニッコリ待つとか出来そうじゃないですか。もし上手くいかなくてもおばちゃんはすぐに忘れますきっと。

前回の記事にも書きましたが、女性をレディ扱いしたからといってモテモテになったり恋愛に直結するというわけではありません。
でも何もしない他の男性よりかはちょっと支持が上がる可能性は高いです。外見の良しあしも影響しません。

もし気が向いたらやってみてくださいね。