こん☆たの

こんなことをたのしんでます、というブログ

簡単な仕事をやらないほうがいいよ

簡単な仕事というのは単純作業とかデータ入力などの簡単なバイトなどを指します。いえ、正社員として雇われててもやってる仕事が単純作業みたいのだったらそれも該当します。

簡単な仕事で高い給料がもらえたらいいなって考えたことありませんか?
私はあります。
でも簡単な仕事は出来るだけやらないほうがいいですよ。少なくとも本業にはしないほうがいいです。

たとえるなら、簡単な仕事ってマリオのステージ1-1を繰り返しやり続けるようなもんなんです。もしくはスライムしか出てこないドラクエみたいな。
単純作業は、しょっぱなで出てくるクリボーを延々と踏み続けて前に進めないステージをプレイしてるのと同じです。

そんなゲームやってて楽しいですか^^;

足場が不安定な空のステージをクリアしたりイヤーなハンマーブロスのいる場所を通過したときのスリルやワクワク感はたまんないですよね。
強い武器と装備を整えてあれこれ戦略考えて強いボスを倒した時の達成感も最高ですよね。新しい呪文覚えるとテンション上がりません?

だけど、1面だけしかやらないとか、一番弱い敵だけ倒し続けるゲームだとそういう気持ちは全く味わえません。
これと同じような心境になるのが「簡単な仕事」なんです。

単純作業は疲れるのは当たり前です。つまんないし飽きるしけど失敗は出来ませんしね。
私が職場で簡単な仕事を振られたとき「単純作業で申し訳ないんだけど…」という前置きがつくことがよくありました。私自身も、人に単純作業を振るときに同じようなことを言いたくなったり実際に言ったりもします。
やはり単純作業(簡単な仕事)はつまらないもの、もっと平たく言えば嫌なものという共通認識があるみたい。

だから本業はちょっと手強い仕事をするとよさそうですよ。好きとかやりがいとはよく言われてるけど「手強いかどうか」もかなり重要だと思ってます。
例えば絵を描くのが好きだからって、ひたすらリンゴを描く仕事とかほとんどの人は嫌だと思います。ピカソでも発狂すると思う(笑)
もちろんあまりにもハイレベルすぎる手強さは選ばなくていいですけど。

ついつい、楽で簡単な仕事に逃げたくなっちゃいますけど長い目で考えると止めたほうがいいです。
いろんな仕事や職場を経験した私の実感です。