こん☆たの

こんなことをたのしんでます、というブログ

引き際が見事って?安室奈美恵の引退報道で気になったこと

安室奈美恵の引退報道は驚きました。
引退は彼女が決めたことですしそれはいいと思います。私は残念に思ってますが。長期休養じゃなくて引退って。なにも引退しなくても…(涙)

でも引退報道で気になったことがあります。やたらと「引き際が見事」みたいな意見が多いことです。

要は年を重ねて外見やパフォーマンスが衰える前に、人前から姿を消すのが潔い、「醜態」をさらしてまで続けて芸能界に残るよりカッコイイってことみたいですけど。

でも別にいいんじゃないですか、「醜態」をさらして芸能界に残ったって。それだって芸に生きる人間としてはアリだと思いますけどね。
いや「醜態」をさらさずとも芸能界で残ってゆく方法はあると思うし、今までとずっと同じ方法でとはいかなくても、細々と芸能界で活動する道だってあると思う。
それを望むファンや周囲の人達だっていたはずだし。
引き際が見事どころか、なんでここで引くかなと私は思います。

それに「引き際が見事」という意見の裏には「まだ「劣化」しきらないうちに表舞台から去るほうが、「醜態」をさらして芸能界に残るヤツよりカッコイイ」という価値観が潜んでいるのではないだろうか。
まあ、それだって一つの価値観ではあるんですけど、多少見た目が悪くなっても芸能活動をしてファンや周囲の期待に応え続ける人だってエライと思いますよ。
決して、まだまだ周囲に望まれているのに引退する人のほうが素晴らしい、とは私は思いません。(そもそもなぜ優劣をつけようとするのか)

以上、いち安室ファンの意見でした。