こん☆たの

こんなことをたのしんでます、というブログ

コピックなどをはじめとするカラーマーカーの選び方(私流)

つい最近、コピックデビューしました。
描きやすくて手軽で人気なのもうなずけます。

 

コピックはアルコールベースのマーカーで、似たようなのは以下の2点です。

●ネオピコシリーズ…デリーター

ルプルームパーマネント…マービーマーカー

 

種類が多くて迷いますよね。

それぞれのマーカーの特長をまとめます。

 

コピックシリーズ

長所:描きやすい、色数が豊富、商品自体のデザインが美しくテンションが上がる。インクが切れたときの補充やペン先の交換ができる

短所:高い 

 

ネオピコシリーズ

長所:値段はそれほど高くない
短所:製品によってキャップが固くて開けにくい、インク切れの補充などはできない。描けなくなったら使い捨て。

 

ルプルームシリーズ

長所:安い。お手頃価格でマーカーデビューにおすすめ。ペン先はブラシニブ1つだけなので描いてるときにキャップを開ける方向に迷わない(コピック、ネオピコは頭とお尻両方にペン先があるので空けるフタを間違えることがある)

短所:製品のデザインがイマイチ。インク切れの補充などはできない。描けなくなったら使い捨て。

 

私はマーカーデビューはコピックの入門書を買って、その本に対応した12色セットを買いました。

今は使ってみたい色をルプルームで買って、これからも末永く使ってゆきたいなと思ったらコピックを購入します。

てゆうか、コピックをせっかく買っても高いから大っぴらに使うのも気が引けてルプルームばっかり買ってます^^;

上にも書きましたが、ルプルームはキャップが1つだけなので使いやすいです。

ルプルームにもない色でほしいのがあったらネオピコを買う感じかな。