こん☆たの

こんなことをたのしんでます、というブログ

PhotoshopとGIMPを両方使ってみた感想

GIMPでもかなりのことが出来ます

GIMPは無料のソフトでPhotoshopと似たような機能です。
そして、GIMPでもだいたいの画像の加工や作成は出来ます。
無料でここまで使えていんだろうかと思うレベル。

画像がある程度見栄え良くなればいい、高度なクォリティはいらないという人にはGIMPで十分です。

たとえば、ブログやSNSなどに写真をアップするので、すこし明るくしたいとか彩度を上げたいてときはGIMPでも十分いけます。

 

操作性はPhotoshopのほうがいいです

当たり前っちゃ当たり前ですが。
やはりPhotoshopのほうが操作性はよいです。
たとえるなら、GIMPが箸だとしたら、Photoshopは手指という感じです。
箸より手指のほうが物がつかみやすいし安定感もありますよね。
GIMPにはパスがありますが、使いにくいったらありゃしない(笑)
画像をコピペするとGIMPは「フローティングレイヤー」という状態になってなんじゃこりゃ?って感じです。
Photoshopならコピペもサクッと出来るのに。

まとめ

趣味でブログやSNSをやっていて、そこにUPする画像がなんとなく綺麗になればいいや程度だったらGIMPでいいと思います。無料だしね(笑)
私もGIMPはメインで使ってます。

GIMPは手の込んだ画像の加工や、高度なイラストを描くのには不向きだと思います。
描けなくはないだろうけど、Photoshopよりだいぶやりづらいと思う。


PhotoshopはElementsだったらそんなに高価ではないので、思い切って買ってしまってもよさそうですけどね。