こん☆たの

こんなことをたのしんでます、というブログ

ハロワの職業訓練の申し込みで注意すること -職員の言うことを鵜呑みにしない-

f:id:nAomimalu:20170522181802j:plain

「職員の言うことを鵜呑みにしない」とは?

事例を書きます。

 

申込書その1をもらったとき
「次回の来所時に別の申込書を渡しますが、貼りつけ用の写真を持参すればその場で申し込みできます(次回の来所で申し込み完了になる)」と言われました。

そして私は写真を持参して来所しましたが、新しく渡された書類は志望動機など考えて書かないとならない記入欄があり、とてもその場でサッと書けるものではありません。
結局、書類を持ち帰る結果になりました。

 

文面だけだと大したことない感じですが、もし私が締切最終日に来所した状況だったら、かなり嫌な展開です。「貼りつけ用の写真を持参すればその場で申し込みできます」という職員の言葉を鵜呑みにして「じゃ最終日までに行けばいいや」と思っちゃってたらと思うと…。
職員だって書類がとてもじゃないけどすぐ書ける内容ではないことを知ってるはずなのに、どうしてあんなことを言ったのだろうと不思議でしかたありません。

 

職員だけではありません。
職業訓練校のスタッフも、申込みについて意外と無知です。
見学会に行ったとき「ハローワークに写真を持参すれば申し込めます」と言ってるスタッフがいました。それも異なる複数のスクールで。

まだ一度もハロワで職業訓練の相談をしていない人が、写真を持って行ってもすぐその場で申し込むのは物理的構造的に厳しいです。
先にも書きましたが申込書は複数枚あって、志望動機などを長めに書く欄があるからです。
ハローワークに写真を持参すれば申し込めます」では、お店のポイントカード並みに簡単に申込み出来そうに思えてしまいます。危険です。

 

ハロワの職員や職業訓練校のスタッフは基本的に親切ですが、意外とどこか抜けてたり説明の言葉が足りなかったりします。
自衛のため、自分にとって良い状況を手に入れるため、早め早めに行動し疑問点不審点不安な点はどんどん先方に聞きましょう。

 

「え、またハロワに行かなきゃならないの?」という展開になっても早めに行動してたならリカバリーは効きますしね。