こん☆たの

こんなことをたのしんでます、というブログ

郵便物が届かない時の調査を依頼するときに気をつけるべきこと

郵便物を出したけど相手にまだ届いてないみたい、特定記録のオプションはつけていないから不安だ…。

そんな時は郵便局の窓口やホームページから郵便物等調査依頼をすることができます。

家でホームページからも申請できるので便利なのですが知っておいたほうがいいことが1つあります。

それは申請した自分だけでなく相手にも郵便局から連絡がいくということです。

**********************************************************
「自分が送った手紙が相手に届いてないので、自分が調査依頼をする」

という状況で説明します。

ホームページの調査依頼フォーマットに差出人と受取人の住所氏名などを入力するのですが
差出人と受取人の電話番号も入力必須となっています。
これは調査について郵便局の人が受取人にも状況を聞くために連絡をする必要があるからです。


だから自分が差出人の立場で調査依頼をする時は
受取人に、受取人の電話番号を郵便局に知らせていいかということと、
郵便局から受取人に連絡がいくかもしれないということを知らせておくことが必要となります。

たとえば友達だからいいや、ということで独断で受取人である友達の電話番号を入力して申請してしまうと
受取人(友達)は郵便局から突然電話が来て驚くということになります。
なんで郵便局は、住所はともかく自分の電話番号を知ってるんだと思わせてしまう結果になるんです。

ヤフオクだと取引相手の電話番号もこちらに開示されるので
それを見て独断で調査依頼を申請したら大変なトラブルに発展してしまう可能性が高いですよ。

というわけで、郵便物等事故調査依頼をする時は、やりとりをしている相手に必ず相談してからにしましょう。
ちなみにどうしても相手の電話番号が解らない、調査の為とはいえ聞きづらいというときは
郵便局の窓口へ直接相談してみるしかないでしょう。相手の電番なくてもいいのかは解りませんが。