こん☆たの

こんなことをたのしんでます、というブログ

強度の高いスタジオレッスン(レスミルズなど)の効果

スポーツジムのスタジオレッスンで私が感じた効果は、心肺機能と持久力の向上でした。
平たく言うと、疲れにくくなって長い間動き回れるようになります。マラソンなどがよい例でしょうか。

 

人生初のジョギングで10km完走できた

以前に通っていたジムで、ジョギングの屋外イベントがありました。距離は10kmです。
私はそのイベントに出て立ち止まったり歩くこともなく完走しました。タイムは1時間と15分くらい。

 

私はそれまでジョギングの習慣もなくマラソンにも興味なし。ジョギングらしきことをしたのは高校生の時の体育の授業だけです。

そんな私がいきなり10kmのジョギングを完走できたのです。

 

定期的に出ていた高強度のレッスンが功を奏した

週2~3のペースで強度の高いスタジオレッスンに出ていたので、完走出来る下地が身体に出来ていたのだと思います。スタジオ以外に、フリーウェイトで筋トレもしていました。

私が出ていたスタジオレッスンはレスミルズボディアタックボディコンバットボディパンプです。アタック、コンバットは飛んだり跳ねたりで忙しいし、パンプは筋トレ系ですが重りをたくさんつけてガシガシやってました。

 

スタジオレッスンの効果について、もう一つの根拠は、ジム通いを辞めたいまの私は、すっかり走れなくなっているからです。

2kmにさしかかったところでギブアップしてしまいます。

 

なんとなく参加した人生初のジョギングで10kmを完走出来たのに、今は2kmも走れないなんておかしいじゃないですか。本当に同じ人ですか?

 

ダイエット効果はありませんでした。

運動で消費するカロリーより私の食べるカロリーが上回っていたからです(笑)

少なくとも「強度の高いレッスンに出てさえいればダイエット出来る」という考えは捨たほうがいいです。ダイエットしたいなら食事制限もセットで考えましょう。
ちなみに、激しい運動をしなくてもダイエットは可能ですよ。

 

まとめ

というわけで、マラソンや激しいスポーツをやりたい、やっているという人は、強度の高いスタジオレッスンはおすすめです。淡々と走っているだけだと飽きちゃうこともあるので、心肺・持久力向上メニューの一環として高強度のレッスンもやってみるといいと思います。レスミルズでもいいし、ぜんぜん違うのでも好きなのやってください。

スタジオレッスンはストレス発生源になるリスクもありますので自分の為になってないと気付いたら他のにしてくださいね。

※ストレス発生源⇒マナーが悪い人がいたり、レッスンを受けることについて自分自身が欲を出し始めて苦しくなったりします。

ジムのスタジオレッスンでストレスを溜めている人へ。さっさと止めなさい。

ジムのスタジオレッスンはハマると楽しい一方で、マナーの悪い人達の目に余る行動でイヤな気分をもらってきちゃったりもします。

私もかつてはストレスを感じてイライラしながらも足繁くスタジオレッスンに出席するという矛盾した行動をしてエネルギーを消耗していました。

昔の自分に言いたい。
「イライラしながらスタジオレッスンに出るのはさっさと止めろ」と。
「そんなことに自分の大切なエネルギーと時間を使うな」と。

ストレスのほうが強くなっているのにスタジオレッスンを止めることが出来なかったのは、私自身の仕事やプライベートが充実していなかったからです。
仕事にやりがいを感じている、プライベートでもいろいろと打ち込んでる活動や付き合う人(恋愛・友情など含む)があれば、そっちで忙しいのでストレスを感じてまでスタジオレッスンに通ったりするヒマなどありませんからね。

実際には「仕事もプライベートも充実してキラキラ~☆」なんて人は、なかなかいないでしょうけど、私の仕事&プライベートはとにかく空虚でひどかったんです。
そんなイケてない私を輝かせて楽しませてくれる(と錯覚させてくれる)スタジオレッスンに私は依存していたのです。

で、かつての私と同じように、スタジオレッスンに内心ストレスを感じているのに出るのを止められない人がいたら、スタジオレッスンへ出ることしか楽しみがなくて依存してしまっているからではないですか?


仕事が充実しているなら、家族や友人との関係が良好なら、他にも楽しいことがあるなら、スタジオレッスンにベッタリ依存しなくて済むんですよ。
レッスンに出てたとしても、つまらなかったらサッサと出るのを止めるという行動をとれてるはずです。

本当に好きで楽しくて出ているならまだいいんです。
問題は内心はレッスンに嫌気がさしているのに惰性で出続けてしまうことです。心当たりがあるなら、試しにスタジオレッスンに出ることを止めてみることをおすすめします。

レッスンに通うのを止めると、

「早くジムに到着してスタジオ入場の列にならばなきゃ」
「いつもの私の定位置を使いたい」
「あの変な常連が近くにいたら嫌だな」

…というようなモヤモヤ(己の煩悩)から解放されてすがすがしいですよ。
時間になったらそわそわ準備してジムへ出かけること、列にさっさと並ばないとという考えに煩わされないのんびり過ごす休日は最高です。

いままで通い続けたジムの習慣には愛着があるし、周りの会員やインストラクターとも喋るようになって仲良くなったし、そういう空間から離れるのは寂しいしもったいない気もしますよね。わかりますよ。
でもね、自分にとって楽しみよりストレスのほうが大きくなってるのなら、いまの環境はやっぱりどこかおかしいんです。自分のためになってないという意味で。
ジム友やイントラはあなたがいなくなったところで、そのうちケロッと忘れるから大丈夫(笑)特にイントラなんて、常連だった会員が来なくなったなんてのはあるあるでしょ。

どうぞ、スタジオレッスン以外の楽しみや充実できる時間を見つけることを(見つける行動をやってみることを)、怖がらないでください。
できそうなことから少しだけでもいいので、違う世界ものぞいてみてくださいね。
世の中にはジム以外に楽しいことはたくさんあるはずです。



ジム通いは案外ストレスが溜まる件

ジム通いでストレス発散ですって?

「ジムでを動かしてストレス発散しましょう」
「ジムで汗を流してすっきりしましょう」

などといった記事を昔からよく見かけますが、私はこの意見に素直に賛成できません。
なぜなら、ジム通いは気を付けないと意外とストレスが発生する場所だからです。
だって、いろんな人が集まる場所なんですよ。
無傷で帰れるわけないじゃないですか(笑)

「ジムで汗を流してすっきりしましょう」なんてことを言ってる人やそういう記事を書いている人は、もしかしてジムで運動したことないんじゃないかとさえ思ってしまいます。
あっても、すぐに止めちゃったとか、幸いイヤな思いをせず上手にジムと関われているとか。

ジム通いのストレス例

・筋トレでマシンを独占している人がいてなかなか使えない
・筋トレのインターバル(休憩)中にスマホをちんたらいじる人がいる。よってマシンがなかなか空かない。
・スタジオレッスン(エアロ、ヨガなど)でマナーが悪い人が一定数いる
スタジオレッスンの我が物顔の常連がうざい
・時間帯によってシャワーが混む。シャワー室の行列発生
などなど


特にスタジオレッスンは動物園、もしくは「おおきなおともだち」の巣窟ですから。
(※クラスによります)
中身がお子ちゃまで止まっている人、もしくはお子ちゃまへ退行した連中が幅を利かせてタチが悪いったらありゃしない。



ジム通いのストレスを軽く済ませる方法

・出来るだけ客層のいいジム、意識の高い人が集まるジムを選ぶ
⇒客層が良い、運動への意識が高い人が多ければそれだけ快適なのは当然ですね。
会費が手頃で住宅街の近くにある敷居の低いジムは地雷遭遇率が高いと思われます。
ただ、高級路線の会費が高いジムでもスタジオレッスンにイントラの追っかけ集団がいましたので油断は禁物です(笑)
もちろん無理に高級路線のジムへ行く必要はありません。
普通の価格の会費でもマナーの良い人が多いジムもありますのでご安心を。実態は入会してみないと解らないのがつらいですけどね。

・1人で黙々と運動して帰る

⇒対人トラブルのリスクが低いのがメリットです。ジムを賢く正しく利用していると言えましょう。ちょっと味気ない気持ちになるときもあるかもしれませんが。

・周りの人との付き合いは様子を見ながら慎重にする。

⇒周囲の人との付き合いも気を付けながらやれば楽しいですよ。やっぱり人との繋がりは嬉しいですし(良質なものならね)。
相手のことをよく解らないうちに自分のことをベラベラ話したりしない、相手にも深入りはしないなど、気を付けながら付き合っていきましょう。

・スタジオレッスンに出る時はスタジオ内の場所取りは適当でいいと割り切る。欲を出さない。

⇒もちろん悪質な場所取りをする人は悪いのですが、自分自身の「良い場所で運動したい」という欲もストレスの根源だったりもします(汗)
スタジオレッスンは「場所なんかどこでも適当でいい」という感じが一番です。レッスンにハマるとつい欲が出ちゃうんですけどね。。

 

私自身がジム通いでストレスを溜めている人でした

ダイエット目的で通い始めてジムで運動する楽しさにハマり込んでいったところまでは良かったんですけど、だんだんハマりすぎてこじらせて、しまいにはジムが一種のストレス発生源となってしまっていました。
通算5年近く通ってましたが、今は退会したので通ってません。

職業訓練校は年齢が若いほど合格しやすいのか?

職業訓練校は年齢が若いほど合格しやすいのか?」という疑問については、
年齢が若いほど有利とは一概には言えないと私なら答えます。

私がいま通っている職業訓練のコースでは20代から40代まで在籍しています。
一番多いのはアラサー世代と、30代です。
ただ、皆様に直接年齢を聞いたわけじゃないので見た目でなんとなくこのくらいの年齢かなという憶測であることは断っておきます。

前の記事「子持ち、若い既婚女性は職業訓練校の合格は厳しいのか?」にも書きましたが、私の訓練コースは倍率が2倍でした。
20代だけど不合格だった人も何人もいるはずです。
もし年齢が若いほど有利なら、私がいる教室は20代だらけ、最高齢はアラサーみたいな状況であってもよさそうです。でもそんなことはないんですよね。

そもそも、私自身が30代半ばで、イラレフォトショは独学でいじってた事はあるけど、制作系の仕事の経験はなし、あるのは普通の事務職経験だけ、という人です。
スペックだけ見ると20代の人よりよっぽど不利な感じです(涙)
でも合格しました。

しかもクリエイティブ・WEB系のコースなので、周囲の年齢層が若そうなイメージです。「もし受かったら受かったで同期が20代だらけで私浮いてたらどうしよう…。」と、不安だったし。
でも、実際に通ってみたら年齢層は程よくばらけてたので安心しました。
もしかして年齢層がばらけるように考慮して選考しているのでしょうかね。わかりませんけど。

というわけで、もしあなたが職業訓練校への入学を考えていて、自分の年齢を不安材料に考えているのなら。
20代をとうに過ぎているから無理、と諦める必要はないです。


いま50代でもWEB系の訓練校に行ってみたいならチャレンジしていいんです(笑)
チャレンジすれば、もしかしたら入学出来るかもしれないですけど、チャレンジしなければ入学は絶対に出来ません。


もちろん、チャレンジしたけど入学は出来なかったという展開もありえます。
でも、それはもしかしたら年齢でダメだったのではなく、別の理由でダメだったのかもしれません。あなたか20代だったとしても落とされたかもしれません。

 

「何歳でも大丈夫、夢はかなう!」というフワフワした言葉も何だかなと思いますけど、やっぱり年齢を理由に自分からあきらめるのはもったいないので止めましょう。
「○○歳で未経験職種を目指すのは無理」なんて意見も出来るだけ視界に入れないようにしたいですね。

あと、20代の人も訓練校に不合格になりえますので、油断禁物ですよ。

職業訓練校の生徒に職種経験者が普通にいる件

職業訓練校は未経験者の為のもの、訓練が必要な初心者が受けるものというイメージがあります。

訓練校のチラシだって「初心者未経験者OK」をうたってるし。

 

しかし、私の通ってる訓練校は職種の経験者がわりといて、本当の未経験者は全体の2割ぐらい、驚くほど少なかったです。

 

私はクリエイティブ系のコースに在籍してますが、

「前職ではサイトの運営をしていました」
「○○のデザイン業務をしていました」
「アートディレクターをしていて…」
という人達が同期にいるんですよ!

おいおい、なんでアンタらみたいなコテコテの経験者が職業訓練にいるんだよって感じです^^;
経験者いわく、デザインの仕事に数年間のブランクがあったり、制作会社にいたけど制作の仕事はあまりやってなかったりなどの理由があって職業訓練校に来たそうです。

とはいえ、授業ではイラレ・フォトショの基本のキからやるわけだから、経験者の人にとっては物足りない部分もあるのではなかろうかと、他人事ながら思ってしまいます。
特にディレクター経験者なんて、職業訓練の授業は退屈なのではなかろうか。。

というわけで「未経験者初心者OK」の文言を額面通りに受け取ってはいかんのだなあと改めて思った次第です。
私の気持ちとしてや、意欲のある職種未経験者を優先してほしいなと思いますけど、学校側の事情とかいろいろあるんでしょうね。

子持ち、若い既婚女性は職業訓練校の合格は厳しいのか?

子持ちや既婚の女性は職業訓練への入学は厳しいという噂がある。

実際に職業訓練校に通ってる私の見た限りでは「子持ちや既婚だからといって即NGではない」という回答になります。
なぜなら、私のいるクラスに保育園に子供を預けて通っている人や、結婚してから日が浅い人もいるからです。

何で子持ちや若い既婚女性は厳しいと言われるの?

子供が小さいうちや、若くて結婚したばかりの人だと、子供絡みの用事で休んだり、妊娠出産で学校に通えなくなる可能性があるからです。

「訓練期間中は妊娠しないようにします」と能天気でいればいいというものではないです。職業訓練校としては、訓練期間を無事に通い終えればいいだけではなく、訓練生にちゃんと就職してもらわなければ困るわけです。
なぜなら職業訓練校は就職した訓練生の人数が多いほど良いとされ、ハローワークに就職者の実績数を報告しなければならない。その数によって今後の学校の運営にもかかわるのです。

しかし子持ちや既婚女性は就職のハードルが高い※ので、訓練校としては敬遠する可能性があるということでしょう。
(※産休育休制度を整わせる余力がない企業や、本音としてはあまり休んでほしくない企業もあるだろう。そういう意味で独身者よりはハードルは高い)

じゃあ小さい子供がいる人や結婚したばかりの若い人はあきらめるしかないの?

冒頭で書いたとおり、子持ち女性や若い既婚女性(これから妊娠の可能性がある)女性も合格しているので「子持ちや既婚女性は合格むずかしいです」という意見を鵜呑みにしてあきらめる必要はないと言いたいです。
子持ちや若い既婚者だと即足を切られるなんてことはないみたいですよ。私の受けた学校は倍率が2倍でしたが不合格だった独身者も何人もいるはずなので。

どうぞ、ネットの情報や人のネガティブな意見にまどわされず、外の世界を事実を見てみてくださいね。
事実を見ないで人の意見にまどわされて何もせずあきらめるのは本当にもったいないです。

最後に…

女性のライフスタイル(妊娠出産子育て)と、社会に出て活動することって相性悪いよなーと、あらためて思いました(涙)
政府の努力が足りない世の中の理解が追い付いてないというのもあるでしょうけど、そもそも根本的に相性が悪いんだと思います。

あと、文章を書いててどうしても「小さい子供がいるから不利」「結婚してると妊娠で通えなくなるから厳しい」というような、まるで子供がいることや妊娠出産が悪い要因であるかのような文脈になってしまう。
本来は子育てしたり妊娠したりすることは人間の基本であって、優先順位としては上のはずなんですが。おかしい…。

職業訓練の選考会の面接対策で私がしたこと

質問されるであろう内容をピックアップして、どう答えるか考えました。

特別なことでも何でもなく、地道なことです。

こういうのって考えるのめんどうくさいので避けたくなっちゃうし「当日のアドリブでいいや」と思いそうになりますけど、お菓子でも食べながらちょっと頑張りましょう(笑)

準備して損をすることはほとんどありませんが、準備をしなくて損をして後悔するリスクは高いからです。

合否に関係なく、準備不足で面接でシドロモドロになるのって嫌じゃないですか?

具体的な手順 

1:ネットで「職業訓練 面接 聞かれた事」などで検索して、過去に面接を受けた人がどんなことを聞かれたのかを調べる。ついでに面接の時の注意ポイントも調べる。

2:1で調べた「聞かれた事」を紙に書きだす。※PCのメモ帳に打ち込むなど、好きな方法でよい。

3:聞かれた事に対して、どのように答えるか紙に書いてまとめる。

4:面接の2日前ぐらいになったら、紙に書いたことを実際に声に出して読み上げる。

 

1→実際の質問事項の体験談がネットに転がってるので、ぜひ参考にさせてもらいましょう(笑)。検索でヒットする質問事項はほぼ面接でも聞かれると思っていていいです。

ちなみにとあるサイトで「志望動機は必要ない」という主旨の意見がありましたが、私は選考会で志望動機を聞かれました。(会場で配られたアンケート用紙に書かされました)。自己PRは全く聞かれませんでした。

2、3→ツッコミ系の質問をされた時も想定しておくのがオススメです。たとえば「いまは就職が厳しいですけど、そのへんはどう考えてますか?」とか、例えばアパレル系の学校へ行くとして「いままでアパレル業界のご経験が無いようですけど…」というような質問などです。

私は30代半ばで未経験でクリエイティブ系の学校の面接を受けたので、年齢のことでもし突っ込まれたらこう答えよう、と準備しておきました。結局、年齢のことは聞かれず、ツッコミ系の質問もありませんでしたけどね。

4→実際に答える内容を自分の口に慣れさせるために読み上げるのは効果的です。地道で芸のない方法だし、1人で読み上げてると少し虚しくなるときがありますが(笑)、やっておいて損はないですよ。

*****

私がやっておいて良かったと特に感じたのは、2と3です。

私が受けた選考会では、会場に通されたときにまずアンケートと称した紙を渡され、そこに志望動機やその学校で学びたいことなどをいろいろ書かされました。

しかもボールペンで、です。(それを書き終えた順に面接という流れでした。)

私は前日から紙に志望動機や自己PR、その学校を選んだ理由、などなどのいくつかの質問事項に対して書いては消しを繰り返して考えてまとめる作業をしてあったので、当日書かされたアンケートにもスムーズに書けたからです。

アンケートを書かずに面接だけ受ける場合でも、事前に紙に書いてまとめた作業は役に立つと思います。

******

事前の対策は早めに始めましょう。

おっくうなのでつい後回しにしたくなりますけど。。

例えば、どう答えたらいいかまとまらなくて困ってた内容が、翌日に頭がスッキリした状態になったらパッと浮かんで来たりするので。

職業訓練の選考の面接で聞かれた内容

1:見学会へ行った感想。登校をどう思ったかなど。

2今後の就職活動はどうするか。

3IllustratorPhotoshopの使用経験有無(さわったことはありますか、という聞き方でした)

4PCの使用経験、スキル

5訓練期間中は最後まで通えるか?

6最後に確認しておきたいこと、聞いておきたいことはあるか

 

私の回答
1→「御校は○○の授業があるのが御校との違いであり良さであるとおもいます云々」と答えました。事前の見学会には行ってましたが、この質問は想定していなかったのであせりました。
しかし、面接会場は教室に応募者を集めて待機させて、同じ教室の一角を簡易なパーテーションで区切り、そこで面接を行っている状態でした。しかも私はパーテーションのそばに座っていたので質問事項が聞こえてしまったのです。少しラッキーでした^^;

2→○○業界に特化した求人サイトなどで求人を探したり、○○業界専門の人材紹介会社に登録したり、雇用形態(正規、非正規など)にこだわらずに気になる求人には積極的に応募します、と答えました。※私は本当に雇用形態にこだわりはないんです。

 

3→ある、と答えました(本当に使用経験が少しあるので)。職業訓練校は初心者未経験者OKを謳っていて「イラレ、フォトショってなに?」という人も、いや、そういう人こと対象になってるはずなのでで、使用経験の有無を聞かれたのは以外でした。
私はクリエイティブ系の学校だったのですが、事務系の学校だったらWord、Excelの使用経験を聞かれるかも解りません。

 

4→ある、と答えました。今までの事務職でバリバリ使っていたし、家でもPCを使用してますっ、と、ここぞとばかりにアピールしました(笑)。

 

5→通える、と答えました(そらそうだ)。しかし「通えます、長期に外出する予定や持病もありません。」とプラスアルファの回答ができなかった。緊張してたし面接官もなんか怖かったんだもん。

 

面接官:「月~金で半年間授業がありますが休まず通えますか?」

私:「え、ええ、大丈夫です通えます」

面接官:「……(次の質問いこか)」

↑こんな感じでした。。^^;

 

6→「特にありませんが、ぜひここで学ばせていただければと思っております」

という回答をしました。

事前の見学会や問い合わせで不明点は解決していたので、ほんとうに今ここで聞きたい事はなかったからです。

無いものは無いのに、面接だから面接官への印象を良くしたいからという理由で無理に質問をするのはおかしいと私は思っていますので。質問をしないことによって落とされたらそれまでって感じです。

 -------------------------------------------------------------------------------------

というわけで、面接で聞かれる質問は、

ネットで「職業訓練 面接 質問」などで検索すると聞かれた内容を書かれた記事がヒットしますので、そこにある範囲の質問ばかりでした。嫌な引っかけ質問や、圧迫面接などはありませんでしたよ。

 

あと、私が受けた選考会ではまず会場についたら紙にアンケートを書きました。

そこに志望動機やその学校で学びたいこと、今後就きたい職業などを書きました。

係りの人は「簡単でかまいませんので」と言ってましたが、それを言葉通りに受け取るほど私はウブじゃありません。

くどくならない程度にしっかりと書きました。

その紙に書かれた内容も選考の時の判断材料になる可能性は高いからです。

 

そして、前の人の面接は7~8分、もしくは10分以上かかってたのに、私は5分くらいでサクッと終わってしまいました。

「え、え、もう終わり?いいの?」って感じです。

 

これは「星崎さんは我が校にふさわしい、即決!」なのか「この星崎ってやつは箸にも棒にも引っかからねえ、不合格が即決!」なのか…。どっちとも受け取れるではないか。

私は予想外の展開に面接終了直後にやや放心状態となり、学校を出た後も「ああ~この街も今日で見納めかあ~。」という気持ちで歩いてました。

自宅に帰ってから、2日間ぐらい「面接 早く終わった」でネットを検索して自分と同じような状況の人を調べたり(笑)

 

まあ、幸いにも合格だったのですが。

 

クリエイティブ系の職業訓練校に合格(30代職種未経験)したときの服装について

職業訓練は申し込めば入学できるわけではなく、選考にかけられます。

平たく言えば就職の面接みたいなものです。

私が受けた学校は面接のみでしたが、学校によっては筆記試験もあります。

 

で、選考会の面接の服装はかなり悩みました。

ネットでしらべたら「スーツが無難」「スーツで行け」というアドバイスが多数だったのですけど、私が目指すのはクリエイティブ職の学校なので、生真面目にスーツでよいのか、かなり悩みました。

いや、そういう業界でカチカチにスーツを着ても逆効果な気もしまして。

スーツ売り場をうろうろしたり、ジャケットにスカートでいいのだろうかと悩んだりしました。

 

で、結局、当日は黒のパンツスーツにしました。

しかもだいぶ昔に購入したやつ…。

ただ、インナーのカットソーは新調しました。

せめてインナーくらいは新しいもので自分にスイッチをいれてやりたかったからです。

新卒チックな襟付きシャツは初めから候補外でした。

 

しかし、どうにか合格しましたのでクリエイティブ系の学校でもスーツで大丈夫みたいですね。

ちなみに、周囲の志望者の服装もスーツが多数でした。

男性はネクタイをキッチリ締める、女性はスーツに白の襟付きシャツを着用、という、いわゆるリクルートな格好の人が大半でした。

スーツじゃない人は襟付きジャケットに、ジャケットと色違いのスカート、という感じです。

スーツ非着用、カジュアルな私服っぽい人は1人か2人ぐらいいたかなあという印象です。その人達が受かったかどうかまではわかりませんが。

 

というわけで、職業訓練の選考会の服装はスーツでOKです。

ちなみに私としては、女性はアラサーぐらいから襟付きシャツは止めて、カットソー推奨派です。襟付きシャツだと新卒っぽく見えちゃうので。

もちろん、私は襟付きシャツが好き、ちゃんとキャリアっぽく着こなせるわっ、という人はどうぞお好きに…。

クリエイティブ系の職業訓練(倍率2倍)に30代半ば未経験者が合格しました(前書き)

ハロワの職業訓練でクリエイティブ系の学校に合格しました。

倍率は2倍でした。2人のうち1人だけ合格という状況。

 

私は30代半ばの現在までクリエイティブ系の職種は未経験です。

それまで普通の事務職、しかも金融とか商社などの企業で働いてました。

それだけ聞くといかにも不利な感じですよね。

 

不合格なんじゃないか、面接で「Youのトシでは職業訓練受けても無理だyo!」なんて言われたらどうしようと、妄想が妄想を呼び、落ち込んで鬱に…^^;
選考会の面接前も後もテンション↓↓でした。

 

ところがどっこい、合格してしまったので、合格に至るまでの経験談を書きます。

 

ちなみにクリエイティブ系の職業訓練校(グラフィックデザイン、WEBデザインなど)をいくつか見学しましたが、私と同じくらいの30代半ばの人や、アラフォーに見える人もいました。

実際の授業の様子も見学させてもらったのですが、もしかしたらアラフィフかなあという人もいましたよ。まあ、もしかしたらその人はクリエイティブ業界の経験者とかかもわかりませんが。

 

というワケで、もしこれからクリエイティブ業界未経験者でそっち系の職業訓練を受けたい、でも20代じゃないし…と、年齢のことで悶々としている人がいたら、チャレンジする前からあきらめるのは勿体ないです、と言います。

 

もちろん、私のブログの経験談を参考にすれば受かりますよ、何歳でも夢はかないますよ、なんてことは言えません(笑)

チャレンジしても願ったような結果にはならないかもしれません。

 

でもチャレンジしてみたいことがあるのに「どうせダメだろう」と自分で決めてあきらめるのは勿体ない。もしかしたら職業訓練校は年齢以外も選考の考慮にいれるかもしれないのに。たまたま、その時は定員割れで余裕で入学できたかもしれないのに。

 

ちなみにハロワの職員も「あなたの年齢だと厳しいかもしれないですけど…」と悪気なく平気で言ってくるので、これはもうそういうお約束だと思ってください。いちいち腹を立てると自分が疲れます。